抜かずに治す歯並び

  • 2009.03.29 Sunday
  • 23:36
矯正歯科ブロコミさんの案件で
「抜かずに治す歯並び」と言う本を読む機会を戴きました。
早速読んでみました。

まず、歯は臓器であると言う点
人間にとって食べることによる栄養摂取の過程で、一番先に使う臓器なんですね。
この世に生まれて、まず最初にお母さんのおっぱいを口に含む
その時は、歯はありませんけど・・・
とにかく、「口」が最初です。

だんだん歯が生えてきて、硬いものも食べられるようになり・・・

歯が生えそろってきて、目立ってくるのが歯並び
ちょっと前に、「芸能人は歯が命です」なんていうCMがありましたが、
芸能人だけではなく、歯並びって、まず第一に視線に入るので、人の印象に対する影響力って大きいと思います。

実は、私、子供の頃に歯列矯正をしているんです。
たまたま近所の歯医者さんに通っていた時に進められて、
都内の大学病院の矯正歯科に通ってました。
その頃の記憶としては、通院するたびに歯を抜いていたような・・・

親から、「明日、東京の歯医者さんだからね」といわれると、
学校休んで東京に行くのは嬉しかったのですが、歯を抜くのか・・・・と憂鬱になった記憶があるんです。
だから、この本を読んでいて、「抜かない」で、歯列矯正ができるなんて・・・!
と、少し驚きました。

本に掲載されている矯正前と後の写真の違いを見ると、
これだけ違うんだな・・・・と、びっくりします。
技術が進歩しているのを実感しました。
歯には、それぞれ、存在する意味があるわけで
むやみに抜いてしまわずにできる方法って、ありがたいな・・・と思います。

昔は、歯列矯正は子供だけ・・・なんていわれていた時代もありましたが、
今は、大人でも大丈夫のようです。
歯・・というか、噛みあわせが原因になる体調不良もあるとのことですから、
もっと、「歯」について、真剣に向き合ってみる必要がありそうです。

以前、歯の治療をきちんとしたら、認知症状も消えた・・・
という話も聞きました。
なんとなく、行きたくないのが歯医者さんなんですけど
(どうも、あのニオイと、削る音が・・・・)
健康の基本として、かかりつけは医者さん、作らないといけないかな・・・?

ブログ広告ブログ広告のブロコミモニターに参加しています



JUGEMテーマ:日記・一般


カッパドキア・ワイン

  • 2009.02.01 Sunday
  • 10:46
31日に届いたふたつ目の荷物は、当選品ではありませんでした。
これは、モラタメさんのサイトから、「タメ」で申し込んだ本でした。

カッパドキア・ワインという本をタメしてみました。
カッパドキアの遺跡にも興味がありましたし、もちろんワインにも
ブルゴーニュのワインにからんだ十字軍の歴史ファンタジーとのこと。

歴史は苦手なんですけど、冬の夜長、じっくり読んでみるのもいいかな・・・・と。

これを読むと、トルコに行きたくなるらしいです。
そして、ワインが飲みたくなるとか・・・・


新しい本が送料関係費用だけで試せます。
この本に関しては2000円が735円!
モラタメさんは、食料品関係だけと思っていたのですが、こういういい本なども出ていたんですね〜
もっとよく、チェックしておかなくっちゃ!



JUGEMテーマ:日記・一般


がんばらない

  • 2008.08.31 Sunday
  • 23:58

東京の往復の時間
いつも本を持参するものの、ちょっと読んだら後は睡眠時間!になることがほとんどだったのですが、
今回持って行ったのが諏訪中央病院の鎌田實先生の「がんばらない」

読み始めたら、眠気なんて感じることなくずっと読んでしまいました。
読みながら涙も出てきてしまい、他人の眼が気になる気になる・・・


ずいぶん前、主人の叔父がいよいよ危ないという病床で
その妻がずっと、
「お父さん、頑張って!頑張るのよ!」と叫んでいたのを聞いたとき、私のなかでは凄い違和感があったのです。
息も絶え絶えのこの時期、がんばれ!というのは酷でしょう・・・と。
でも、それは、他人の感覚であり、妻とすれば、まだまだ生きていて欲しいという思いだったのでしょうけれど、叔父の気持ちはどうだったのだろう?と

自分の父の最期の時
家に帰りたいという父の願いを叶えられなかったことに対して自分を責めた時期もありました。十分な知識がありながらも、いろいろな条件を考えると難しかったわけだし、この本の中に書かれていた人たちは、自分で最期を決められた人たちであり、サポートも十分出来る環境にあったからこそ・・・なのだとは十分わかってはいても・・・です。

この病院のようにしっかりした体制が整っていることのほうがまれなのでしょうけれど、看取りというステージのあり方について、考えさせられる本でした。
私にはまだ3人の親がいる。
そして、自分はどこで、どんな風に?
自分で決定できない人の思いをどうやって汲み取る?
難しいなぁ・・・・


JUGEMテーマ:読書


夢をかなえるゾウ

  • 2008.05.21 Wednesday
  • 00:46
読まなければいけない本は沢山ある
それは、概して、あまりすすんで読みたいと思うものではない
しかたなく・・・という部分が多いために、どんどん山積みとなっていく

それに反して、読みたいと思う本も沢山ある
書店に行くと、「読んで!」と言われているような気分になって、手にとって見て、面白そうだと思う本も沢山あるのだけれど、何しろ読む時間がない!ってことで、また、書棚にもどすことが多かった。

時間がないない・・・
といいながら、実際には、家に帰ってくれば、夕飯を食べると、
疲れ果てて、つい うとうとと・・・の時間は沢山あったのに。
それじゃいけない!&ダイエット&運動不足解消!を目標としてジムに行き始めたのですが、当初は、スタジオレッスンにいろいろ参加してみたのですが、帰宅時間が不規則な関係で継続して参加できなかったり、エアロビ関連などは、自分の心臓があやふやなものでついつい臆病になり・・・


そこで行き着いたのが自転車!
おまけに、これなら漕ぎながら本が読める!ってことに気づき、それ以後、ジムには本持参で通っています。
ここでも仕事関連の義務的読書もありますが、最近読み終ったのが、「夢をかなえるゾウ」

成功したいと思いつつも鬱々としているさえないサラリーマンのところに現れたゾウの姿をしている関西弁をしゃべるインドの神様ガネーシャ
居候となり、寝食をともにしながら成功するためのアドバイスを・・・・

なかなか面白かったです。
自己啓発本といえばそうですが・・・・
これがドラマ化されるとのことなので、そちらも楽しみ
主人公役のサラリーマンは誰が演じるのでしょうか?
ガネーシャは?

ガネーシャの言うとおりにしていけば、成功するか?
は、微妙といえば微妙ですが、アクションを起こすきっかけにはなるかな・・・と。
基本的なことといえばそうなんですけどね。
さて、私も、靴を磨かなくっちゃ、トイレ掃除しなくっちゃ・・・ジョギング
と思ったところで、あれ?私の夢って なんだったんだろうか・・・・・?



JUGEMテーマ:読書


不撓不屈

  • 2006.06.07 Wednesday
  • 23:46
その男、ただ者ではない!
そう思わせる男は、魅力的だと思う。
そう感じさせるためには、もって生まれた資質もあるだろうけれど、不断の努力があってこそだから。

「不撓不屈」という言葉は、息子が高校生の時の文化祭のテーマだったので、なんとなく懐かしいなぁ・・・という思いで手に取った本だった。
どんな困難に出合ってもひるまずくじけないこと。
この言葉の意味をしっかりと胸に刻んで歩いていって欲しい・・・なんて思っていたのだが、この本のなかに書かれている困難は、とてつもなく大きいものだったのだろうと思う。
母親としては、息子にこのような困難は降りかかって欲しくない・・と願うばかりではあるが・・・



この本に書かれているのは実話で、
その「飯塚事件」なるものは、記憶にはない。
まあ、子供だったのだから仕方ないだろうけど。

国家権力との闘い・・・
専門的なことはよくわからないけれど、しっかりした知識と理論で
それに裏打ちされた信念があったから、勝てた。
そして、大きな力に屈しない精神力があったから
そして、守ろうとするものがあったから

なかなか読み応えのある本で、今でも政界にいる人物も実名で登場していたりと、興味深い本でした。
私の仕事も、国からの通達で左右されることが多く、
机上の理想をどうやって現実的にするの?と、結構悩むことが多いし、これからまだまだ改革していかなければならないことばかり。
不撓不屈・・・なんて程ではないにしても、負けて、押しつぶされて、疲れ果ててしまわないように、とりあえず頑張らないと・・・・















6月17日からロードショーだとか。
最初は渡辺謙が主役で考えられていたとか。
実際には滝田栄が飯塚毅を演じるわけだが、本で感じた飯塚毅とどう違うか、(同じか)興味深い。
私が見るのは、たぶん、だいぶ先になるだろうけど・・・・

私一人

  • 2006.02.06 Monday
  • 21:07
今まで、本屋に立ち寄って
あ・・・読んでみたいな・・・
と思っても、いや、だめだめ!
コレを読む前に、読まなければいけない本の山がある!
と、自制してきたけど、現在、ひとまずその規制は解除

先週、試験が終わった翌日、早速本屋に立ち寄って買い込みました。
あれと、あれと、あれと、あれを・・・・読書
まだまだ買いたかったけど、とりあえず、4冊
でも、まじめな私のこと(?)
3冊は次のお勉強のための資料(?)
1冊だけが小説でした。

その1冊がこれ

たまたま、新刊として出ていて、
ちょうど同じような年代で
二人が結ばれたドラマも見ていた世代として
ちょっと興味があったもので・・・・

芸能人本を買ったのは初めてでした。

興味本位の、週刊誌ネタで見聞きしていた表面的なものとは違った事実もわかり、それなりに納得した点もあり・・・
亡くなった最初のご主人がとっても大きな存在だったんだろうな・・・なんてことも感じたり。
存在感のある女優さんですから、ますますいい作品を作って行ってくれるのだろうと思いますけど、でも、一人で生きていくのは、なんだか寂しそうな気も・・・
でも、まわりで、いろいろな人に見守られているような気配もあり、そういう点ではとっても恵まれているのだろうな・・・と。

さて、次は何を読もうか・・・・・




予習

  • 2004.10.08 Friday
  • 10:51
04-09-20シー.jpg
学生時代ですら なかなか予習なんてしなかったけど……

10日に東京ディズニーシーに行く予定になっているので、
ガイドブックを買ってきた。
初めて行く場所なので右も左もわからないので・・・

書店では 端っこの方にやっとあった!
東京ディズニーランドのガイドブックはいろいろな種類がたくさんあるのに。
TDSは2種類だけで、
しかも1冊は なんだか古そうで・・・・ショック
やっぱり、噂どうり TDLの方が楽しいのかな・・・?
アルコールもOKだから、大人にもいい!って聞いてたけど、
それほどアルコールを飲まない我が家には関係ないし・・・・

中を見ても、どうも実感がわかないというのか、
学習しようという気がないのか
家族にお任せ〜状態

初めての場所だし、
ま、くっついていけばいいか・・・って。
娘にいたっては アレが食べたい!コレが食べたい!って
食べることばかり学習してるし・・・
いったいどうなることやら・・・

それよりも、台風!
場合によっちゃぁ
楽しいどころの話じゃなくなるって・・・・悲しい



ブック バーゲン

  • 2004.09.25 Saturday
  • 20:42
なかなか 安くならないのが 本!
売れ残ったら どうしてるんでしょ??

ご近所の大型ドラッグストアで ブックバーゲンのコーナーがあった。
期間限定だったけど
結構な人だかりがしてたので、私もつられて見にいってみた。

ちょっと前だったら、
ケーキの本、編物の本、パッチワークの本、などなど
買い込みたいような本も結構ありました。
あ、ダイエット本も・・・・

だいたい半額くらいかな・・?

これ、買っておこうかな・・・と思うものの、
時間がないだろうな・・・と、また元に戻すことの繰り返し。
今回は、帰ろうかな・・・
と思っていたときに目にとまったのがこの本。
04-09-20スパイス.jpg

スパイスの色々な詳しい説明があり、
そして、そのスパイスを使ったお料理が・・・
庭にいくつか植えてあるハーブも、
いまいち使い方がわからなかったりしていたので・・・

それほど難しい料理ではないけど、
スパイスを上手く使うと、一味違いそうな予感が・・・

で、ご購入!
そして、パートナー殿に
「はい!頑張ってね〜!」と プレゼントグッド
趣味のお料理の世界が さらに広がってくれると
ますます私、楽になるのですが・・・・嬉しい

日記帳

  • 2004.09.19 Sunday
  • 00:38
久しぶりの東京
さすがに商品が豊富で、待ち合わせまでの時間潰しに飽きることはない。
今日買ったのは 日記帳!
04-09-19_日記帳.jpg
ピーターラビットと迷った末、星の王子様のを買いました。
(日記らしくなくて、可愛かったんだもの……)
五年日記だけど、年度の指定がないから、今日から書けます。
五年で終わるのか、何年かかるのか?

公開出来ない胸のうち そっと書き記しておきます。
さて、今日は………

2004年9月18日 新宿でのオフ会で楽しんでました!
        二次会のカラオケは パスしましたけど・・・・
2003年の9月18日はなにをしてたんだっけ・・・・?
        あらあら
        やっぱりオフ会に参加してました!
        これは カラオケオフ会でしたね。
        デュエットもしたっけ・・・・汗
2002年の9月18日は・・・?
        オフ会に参加するなんて 夢にも思ってない生活でした・・・・
こうやって 後で思い出してみるのも楽しいかもね!


大作!? 手作り絵本 初公開

  • 2004.09.12 Sunday
  • 23:11
数日前の 紹介の後、
見てみたい・・・との声が若干あったので・・・w
ちょっと恥ずかしいのですが
公開してみます。
読書読書読書読書読書読書読書読書

まどからのあめ
あーあ あめばっかりでつまんないなぁ・・・
つまんないな・・・・
早くやんで お外に行きたいなぁ・・・
     まあくんとみいちゃんは
     雨が降っている外を 窓にへばりついて見て
     ため息をついています。


にじ
あれれ 雨がやんだよ
あれれ ほら見て
にじだ! にじだよ! きれいだね。

     おにいちゃん このにじをのぼってみようよ! 
     うん そうしてみようか。
     
     いつもは こわがりやのまあくんでしたが、
     みいちゃんのおにいちゃんです。
     元気を出して みいちゃんの手をとって
     にじのかいだんを登りはじめました。
     みいちゃんも お気に入りのワンちゃんのぬいぐるみをもって
     おにいちゃんのあとを しっかりと ついていきました。


あかいくも
しばらくいくと ふわふわの 綿飴みたいなものにぶつかりました。
おじさんは だれ?
わしかい?
わしは 春一番雲さ
地上では 皆でわしの吹くのを待っているのさ

ふ〜ん

みいちゃんは もっていたぬいぐるみで
春一番雲の大きな鼻の穴を
こしょこしょ・・・とくすぐりました。
すると・・・


はくしょん
ふっふぁ〜くしょん!
春一番雲のおおきなくしゃみで
まあくんとみいちゃんは 吹き飛ばされてしまいました。

地上では 暖かい南風が吹いて
もうすぐ春が来るぞ!と みんな うきうきしていました。


とばされたあと
春一番雲のくしゃみで
まあくんとみいちゃんは 暗い暗いところに
吹き飛ばされてしまいました。
あまり暗くて じめじめしているので
みいちゃんは こわくなって 泣き出しました。

やいやい!誰かいるのか?
いるなら でてこい!

まあくんは 男の子です。
泣いている みいちゃんをかばって
勇ましい大きな声で言いました。


つゆくも
僕は 梅雨ぐもさ!
毎日毎日 泣いているんだ!

やいやい そこの小さいの!
お前まで泣くと
地上では 大雨になってしまうぞ!

ほら、 その雲の切れ目から
下を見てみろ!


ほいくえんを のぞく
まあくんと みいちゃんは
こわごわ 下を見て見ました。
すると どうでしょう
保育園のお友達が 傘をさして
びしょびしょになって 歩いていました。

   みいちゃん たいへんだ!
   泣くのを止めろ!
   ここは 早く逃げ出そう!
   まあくんは みいちゃんの手を引いて走り出しました。


にげる
まあくんとみいちゃんは 一生懸命走りました。
あっ! あっちに白いお山があるぞ
あそこまで 頑張るんだぞ みいちゃん!
 うん! おにいちゃん!  
  
    いつもは たよりなさそうな まあくんが
    きょうは ぐっと たのもしく
    みいちゃんには 見えました。


雷雲
ところが 白いお山に見えたのは
おっかない顔の 雲でした。

雲さん 雲さん
雲さんは 何をするの?
どうして おこった顔をしているの?

     オレ様は 入道雲さ
     オレ様の中にいる かみなりこぞうが
     暴れてうるさいから おこっているんだ!


雷
ピカピカ
ドカーン!


くものとんねる
うわー こわい
おにいちゃん 早く逃げよう!

    うん みいちゃん!
    あそこに きれいな 青いトンネルが見えるよ
    あそこに 今度は行ってみよう!


筋雲
青いトンネルをぬけると そこは・・・
目の覚めるような 鮮やかな青い空に
いろいろな形をした 雲さん達が遊んでいました。

みてみて お魚さんみたい!
これは、うろこ雲だよ
こっちは すじ雲だ
面白いネェ!

もっと面白い雲さんが
いっぱい いるかもしれないヨ
この すじ雲の 滑り台で 滑って探しに行こう!


木枯らし
すじ雲さんの 滑り台を ずっと滑っていくと
なんだか だんだん 寒くなってきました  

    滑り台の上からしたをみてみると
    木の葉が 黄色や赤になり 
    ぱらぱらと 地面に落ちていました。

    道を歩く人は みな
    コートの襟を立てて
    寒そうに歩いていました。


ゆきだるまくも
あいててて!
雲の滑り台が とつぜんおわり
二人は 冷たいところに落っこちました。

なんてつめたいのでしょう
ここは、どこ?

ここは 雪雲のうえだ
ほら、 雪だるまがこんなに沢山いるヨ
だから冷たくて 寒いんだ

    みいちゃんは あんまり冷たくて
    そして寒いので お母さんが恋しくなってきました。


ゆきけっしょう
まあくんとみいちゃんは
雪の精さんにお願いして
地上に返してもらいました。

    寒い寒い冬の日
    ユラユラ フワフワと
    雪の精さんの 飛行機に乗って
    まあくんとみいちゃんは
    空から 降りてきました。


おくじょう
ふわふわ どすん!
あれれ ここは どこかな?

みいちゃんの おうちだ!まあくんの おうちだ!

    やっと お家に帰ってきたまあくんとみいちゃんは
    ホッとしました。


らすと
おかあさん あのネ ぼくたちネェ・・・
     おかあさん あのネ みいちゃんネェ・・・
     ふたりは 話すことが いっぱいあります。
     おかあさんは
     まあくんとみいちゃんにかこまれて にこにこ。
     空のお星様も
     きらきら 輝いて笑っています。


----------------------------------------------------------------


まあくんとみいちゃんの 空の大冒険      

やさしくて ちょっぴりおくびょうなまあくんと
いつもげんきで いたずらっこのみいちゃんの  
夢冒険のお話です。              
  裏書

まあくん5歳 みいちゃん1歳の
おかあさんからの プレゼントです。





PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

登録サイト

beauty

おすすめ

日本データテクノロジー 評判

キャンペーン

アイテム

ブログパーツエステ
● Contact Us リクエスト お問い合わせ 広告について ブログパーツ制作 運営会社 スポンサード リンク Copyright(C)2008 無料ブログパーツ工房

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM