雨の台湾社員旅行 16 帰国までと総括

  • 2014.07.13 Sunday
  • 00:24

私の職場では2年に一度社員旅行が企画されます
海外組と、国内日帰り組

海外は、今まで
ソウル、上海、バンコクに行きました。
大体3日間程度で、予算が決められているので
アジア近郊に限られてしまうのですが
今の情勢を考えると韓国・中国には行きたくない
ということで、
今回の海外組は台湾に行き先が比較的すんなり決まりました
(それまでは、例年、二転三転・・・・)


仕事の関係で一斉に行くわけにはいかないので
3班に分けて行きました。
私はそのトップバッターの組だったのです


私のグループは大人が多かった?
我を通す人もいないので、特に問題もなくスームーズに^^

坦々麺をたべてお腹いっぱいになった後空港に向かい


チェックイン手続きなどをガイドさんと一緒にやってガイドさんとはお別れ
(私たちと別れた後、すぐまた別のガイドするクライアントが待っていた様子でした・・・)


空港のコンビニで小銭などを使い
あとは搭乗を待つだけ



空港の頭上空間にあったオブジェ
何なんでしょう・・・?


台北の空港も大きいのですが
ひっきりなしに利発着していて、大変そうでした



そしてこちらが帰りの機内食
肉を選んだんですけど・・・・・
坦々麺の余韻が残っていたのか
こちらの機内食は、私にしては珍しく食が進みませんでした
(味がいまいち…というのもありましたね)



旅行費用の大部分を会社が補助してくれる海外旅行ですが
若い職員の参加がなかなか進まないのが悩みどころ
どうやったら参加率があげられるか・・・・が目下の課題となっている社員旅行です

2年後は、どうなっているでしょうか・・・?






JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾社員旅行 15 好記担仔麺

  • 2014.07.12 Saturday
  • 00:28
5月の台湾社員旅行の続きです



龍山寺を見学した後は台湾での最後のお食事は「好記担仔麺」というお店でした

前日までは、ガイドさんから
坦々麺の有名なお店です
坦々麺と、小皿料理ですよ〜

と聞いていたので、
日本でよく食べる坦々麺の大きさ+数品・・・
と考えていたのですが
とんでもなくボリュームがあってびっくりしました




このお店は、山や海の珍味を中心とした昔ながらの台湾料理が楽しめるお店で、
地元はもちろん国際的にも知名度の高い、名店中の名店らしいのでした

これがお店の正面
皆で写真を撮ってるところが映りこんでますね・・・^^

私たちは、開店と同時ぐらいに入店したのですが・・・
このお店のお隣には、こんな感じでメニューが並んでいました


お店に入ってちょっと待っていると・・・・
どんどんお料理が運ばれてきました



小皿・・・・
というよりも、連日食べていたお料理の大きさと変わらないお料理で・・・

こちら お肉!鶏ですね^^


必ずと言っていいくらい出てくるのが空芯菜
でも、ここのお店は上に肉みそがかかっていて一番おいしかったかも・・



こちらは、イカですね
ちょっと変わった味噌をつけていただきますが、おいしかったですよ


これは・・・・なんだか忘れたけど、フライ^^



こちらはソーセージ
日本のソーセージとは、ちょっと味付けが違っていましたけど
これはこれで、おいしい


そして、こちらが担担麺

ん?担担麺?
と思ってしまうくらい・・・・辛くないんです
日本の担担麺は赤いイメージがあるのですが
意外とおとなしい・・・・・
スープのコクが特徴的なのでしょうね
この担担麺は、前橋のたんさいぼうさんというお店の担担麺に近かった
(逆か?^^)

こちらは、小さな丼?
ちょっと大きめの汁椀程度で提供されました


私が一番好きだったのはこちらの海老
とても香ばしく、いい味でした~


こちらのお店も出てきました、巨大オムレツ卵焼き
ボリュームあります・・・・



そして、最後にテーブルの上に載ったのがこちら


ん?なにこれ・・・?
揚げ物らしいけど・・・・?

恐る恐る食べてみた私の口から出てきたのは
「卵豆腐をあげたものだ!」という感想でした


後で、日本に帰ってから調べて分かったことですが
やはり、特製卵豆腐を揚げて出汁に絡めたもので、
このお店の一番有名なメニューなんだそうです

外側の揚げ物の舌触りと中の滑らかな食感の違いがとても驚きで
しかも、あの柔らかい卵豆腐が崩れることもなく揚げられているんですよ〜
だし汁もあっさりとしていて、脂っこさも全く感じない
ミラクルな食べ物でした〜


台湾料理を満喫して、空港に向かうのでした







JUGEMテーマ:グルメ

雨の台湾社員旅行 14 龍山寺

  • 2014.07.10 Thursday
  • 23:24


5月の台湾社員旅行記です



3日目の最終日
午前中だけが観光できる残された時間でした。


まず最初に行ったのは龍山寺
ここは、どのガイドブックにも載っているらしい
100%必見の台湾のお寺とのこと


1738年創建という古いお寺だそうです。
その後何度も戦禍に見舞われ、改修と再建を繰り返し、
この地域の信仰を一身に集めてきたとのことでしたました。
このお寺の特徴は、たくさんの神様が仏教道教かかわらず一堂に集まり、
いろいろなお願い事に長けた神様が一堂にあつまっているという、
「神様・お祈りごとのデパート」なんだそうですよ


入り口です

その中を入ると・・・・


この中にあるのが龍山寺のご本尊、木製の観音菩薩様
第二次世界大戦のとき、一度空襲に見舞われ、
お寺全体が焼けてしまったのに
観音菩薩様だけは、傷一つつけず無事だったとのこと


たくさんの人が、
ひっきりなしに参拝していました。


ここで、おみくじを引いたのですが・・・・
まず、赤い「耳」みたいなものを二つ持って
自己紹介して、お願い事を唱えてそれを二つ落とすんですね
表と裏になると、願い事を聞いてくれたことになり、
初めておみくじの番号を引くことができるんです
その番号の札をもらって・・・・
台湾語なのでわかりませんから、ガイドさんに聞いてみました^^
ま、願い事は大丈夫そうで・・・^^




この本殿にあるのは仏教の神様なんですが、
このお寺の後ろの「後殿」に道教の神様たちが祀られています


ガイドさんに連れられて
はい、ここは●●の神様です。拝んでください~
はい、次は○○の神様。拝んでください~
じゃ、つぎ、ここは△△の神様、拝んでください~


そんな感じでたくさんの神様を拝んできました^^




もちろん、恋愛の神様もありましたので、
私・・・・
じゃなくて、まだ未婚の娘の良縁をお願いしてきました


ここでも、赤い「耳」でお願いを聞いてもらい
聞いてもらえることになると、「赤い糸」をもらえます
もらってきたからね~~~!
(いつかなうんだか・・・・)



このお寺の境内には
たくさんの人が、座り込んでお経を唱えていたり
何やら難しそうな本を読んでいたり・・・・
信仰心のあつい台湾の人々でした



JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾社員旅行 13 リンパマッサージ

  • 2014.07.06 Sunday
  • 00:22

台湾旅行二日目
夜市を散策した後パイナップルケーキのお店に立ち寄り
そのあとは・・・・・



ガイドさんお勧めのリンパマッサージのお店に立ち寄りました



ここには、志村けんもよく立ち寄るんだとか





そのほかにも、リンチーリンとか金城武とかも・・・




スタッフさんの制服も志村けんでしたよ^^





ここではリンパマッサージ120分コースをお願いしました
参加者全員同じコースでした^^


120分みっちりマッサージしてもらい
途中は足で踏むマッサージなども加わり・・・・
リフレッシュしました〜

日本の半分くらいのお値段でしょうか?
体のマッサージと、足つぼと、フェイシャルと・・・・
同時にできるそうですよ
すごいですね〜
一人に三人がかりでマッサージですよ
王様気分でしょうか?
いつか機会があったらやってみてもいいかも・・・・^^
あ、高いだろうな〜
(こう考える時点で、ないだろうな〜・・・)











JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾社員旅行 12 士林夜市散策

  • 2014.06.30 Monday
  • 00:22

台湾旅行二日目
海鮮料理の夕食でおなかが膨れた後は
士林の夜市散策が予定されていました。

台湾でも数か所で夜市が開かれているそうですが
士林夜市は一番賑やかなんだとか


夜市の近くでツアーの車から降ろされ
40分程度散策


地元の人なんだか観光客なんだか
賑わっていました。


ここはガイドさんお勧めのチキンカツの店
行列でした
そして、チキンカツが でかい!



なんだか、見ているだけで胃もたれしそうでした・・・





お土産なども安く売られていた様子
その前に民芸品店に立ち寄った時にお土産はほとんど購入してあったので
夜市では見てるだけ〜〜〜





地元の人ですか?
エビ釣りに興じていました
日本でいう金魚すくいの感覚なんでしょうか?
釣ったエビ どうするんだろう・・・・?





このあとは、参加者の一人が行ってみたいと言い出したパイナップルケーキのお店があったのですが
ガイドさんいわく、そこは台湾で3番目においしいお店!
一番おいしいお店を紹介するよ!

ということで、連れて行ってもらいました。



もうすぐ閉店・・・みたいな感じでしたが
きちんといろいろ試食させてもらって
又またここでも若干お土産購入
なんだか、台湾のお土産は食べ物ばかりになりました





JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾社員旅行 11 半斤九兩レストランの海鮮料理

  • 2014.06.26 Thursday
  • 00:19
台湾旅行記の続きです〜


:::::

二日目の夕食は半斤九両レストランでの海鮮料理でした


このお店も比較的人気のある有名店らしく
あの有名なペ・ヨンジュン氏も行ったとか・・・
(どうでもいい情報ですが・・・^^)



ここも、どんどん運ばれてきていましたので、
その順番にご紹介〜 


台湾に行くと、お土産に「カラスミ」を勧められるのですが
確かに日本で買うと高級品でお高いのですが・・・
台湾でも、日本よりは安いかも・・・ですが、御土産としては高価です


私も、以前お土産で少し貰ったことがあり
そっか〜 カラスミってこんな味なんだ・・・・
と思った記憶があったので、なかなかカラスミに手が出ませんでしたが・・・


このお店で、前菜として出てきました


ガイドさんの説明によると、大根と一緒に食べるんだとか
薄切りにした生大根と一緒に食べました


ん・・・・


私の好みではありませんでした^^
(一緒のグループの誰ひとりとして、おいしいとは思わなかったらしい・・・)



又またアサリのスープです
あっさり控えめのお味です




こちらが、料理名は分からないのですがとてもおいしかったんです
柔らかめのカニ?
すべて食べることができましたし、味付けもおいしかったですよ
なんの味だか・・・・・わかりませんけど^^;




こちらも、空心菜の炒め物




エビの炒め物


青のり?のスープ



これは、白身のお魚でしたね〜


あれ・・・?
ご飯ものがあったような気がするのですが
写真がありませんね〜
撮り忘れたかな?




この夕食のときは、だれもアルコールを飲まず
お料理を楽しみました。



この後、夜市散策に向かうのでした






JUGEMテーマ:グルメ

雨の台湾社員旅行 10 故宮博物院

  • 2014.06.22 Sunday
  • 00:19



台湾に来たら欠かせない観光スポットと言えば、「国立故宮博物院」
ここは、フランスのルーブル博物館
アメリカのメトロポリタン博物館
ロシアのエルミタージュ博物館と並ぶ世界四大博物館の一つ

70万点近い収蔵品があるそうで
全部見るのには10年以上かかるらしい・・・・

そんなすごい博物館は、
やっぱり凄かったです!




あいにく、故宮博物館に到着した時点では雨
傘をさして館内に入りましたが
中もものすごい人でした


ガイドイヤフォンを借りて(説明は、ガイドさんでしたが・・・)
館内を見るのですが
とにかく、どこに行っても人・人・人なんですね
見たいものがあれば、どんどん人をかきわけないと見れませんよ!
なんてガイドさんに言われるくらいでして・・・


順番を守らない人たちが多く
(主に中国からの観光客とのこと)
ガイドさんも結構声を荒げて注意してましたが・・・



故宮博物館に到着する前にガイドさんから説明を受けていた、有名な展示物
肉形石と翠玉白菜もしっかり見てきましたけど


え?
こんなに小さいの?

というくらいかわいらしいものでしたが
これが石なんですか?
というくらいのすごいものでもありました


短時間での見学でしたので
しかも混んでいましたので十分見て回ることはできませんでした。
歴史には疎い私でしたので
おもに「造形」としての観賞となってしまいましたが
中国の芸術文化の集合体として
故宮博物館も面白い場所でした





JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾車輪旅行 9 忠烈祠

  • 2014.06.15 Sunday
  • 00:16

鼎泰豊でおいしいものをたっぷり食べた後向かったのは忠烈祠です
ここも、よく台湾観光のパンフレットに載っている
衛兵の交代儀式のある場所ですね


ここに来る前に、ガイドさんから、
台湾の兵役状態なども聞き
そして、この忠烈祠にいる兵隊さんは
陸軍、海軍、空軍の三軍から選び抜かれたエリート兵で、4ヶ月ごとに変わることや
ここに出るまでにも3カ月、みっちり訓練を受けてから登場とのこと
そして、選抜方法が身長、体重、顔、成績などなどの総合的なエリートと聞いていたので
どんなイケメン?
とちょっと楽しみだったりして・・・^^




時間になると、観光客がある程度のラインまで下がるように指示されます
ちょっと待っていると・・・・
門の片側から足音が・・・


背筋をピーンと伸ばし、衛兵全員が足を同じ高さに上げ、
脇目もふらず軍靴をガチャーン、ガチャンと鳴らしながら歩く様子は独特ですね

銃をぐるりと回したり、お互いに銃を投げ渡したり・・・・
にこりともせず、無表情の兵隊さんでしたが
よ〜く見ると、本当にお若い方たちでしたよ












この忠烈祠という場所は
政府が国家の祭典を行い、忠義の精神を表彰し、
国のために殉難した烈士を追悼するところだそうです。
1911年、辛亥革命(中華民国開国革命といわれる)や抗日戦争など
国のために亡くなった約33万人の英霊が祭られているんだとか。
1990年代以降では、
SARSで殉職した医師や看護婦、
殉職した警察官や消防士も祭られるようになったそうですよ。


1945年第二次世界大戦終戦後、植民地時代の日本の神道信仰の痕跡をなくすため
名称を「護国神社」から「忠烈祠」と改めたそうです。
現在の忠烈祠は、1969年に故宮の大和殿を模して建設されたものだとか。



私たちが行った時の兵隊さんは青い制服でしたが
青い制服は空軍だそうです
ここの警備に当たるのは、ほかの軍も交代でするそうで
モスグリーンなら陸軍
白色なら海軍なんだそうですよ


選ばれし者の衛兵交代儀式
やはり一度は見ておいた方がいいかも^^








JUGEMテーマ:旅行

雨の台湾社員旅行 8 鼎泰豊(本店)ディンタイフォン

  • 2014.06.14 Saturday
  • 00:32
5月に出かけた台湾写真旅行の旅行記です



烏来観光を終えた後は再び台北に戻り
二日目の昼食は日本でも有名な鼎泰豊の本店で摂ることになっていました

私も、何年か前に新宿高島屋の鼎泰豊に行ったことがあるのですが
確かにおいしかったのですが
新宿のお店のは日本人好みの味に変わっている・・・と聞いていましたので
本場の味!をとても楽しみにしていました

赤い看板の下は・・・・
こんな感じで大行列になってます




台湾でも大人気のお店で
お店の前には行列ができていました
私たちは観光ツアーなのでその行列に並ぶことはなかったのですが
それでも5〜6分待って店内に入りました

大きなお店なのか?
と思ったら、意外と小さくて・・・・


一階は厨房と(ガラス張りなので中の様子が見えます)
ほんの数席のテーブルがあるだけ
(ただ、この席は、うるさいのと、人通りが多すぎてとてもゆっくり食べる雰囲気じゃありませんけど)

私たちは二階に通されました。


明るい店内で、きれいでしたし
着席すると、バックを置く場所が用意されていて
そこに置いたバックには、上から布のカバーをかけてくれます
(カバーをかけてくれるサービスは、日本でもどこでも、私は初めてでした)


今回も、自分たちで注文する・・・・わけではなく
すでに準備されているものをいただくだけ・・・・でしたので、
テーブルに出された順にご紹介します



こちらは、前菜?
ちょっと酸味のきいたお味でした



これを食べながら・・・・
まずは、テーブルの上にある小龍包の食べ方レクチャー表を見ていました




しばらく待っていると・・・

ジャーン!
小龍包がテーブルの上に!
これがかの有名な一品ですよ〜。
ひとり5個だったかな?
蒸篭の中でほかほかになって登場してきました


お箸で上の部分を抓みながられんげを使用し、
しょうがの千切りを少しのせて醤油と酢で食べます。


肉汁が飛び出す場合もあるので要注意!
と書かれていたのにもかかわらず、
気がついたときには ブシュっ!
とやってしまいました・・・・・

服にはしみがついてしまいましたが
本場小龍包のおいしさは納得!でした


そして、こちらは空心菜の炒め物



野菜入り蒸しギョウザ
チンゲン菜のみじん切りにしたものがいっぱい詰まっています。
さっぱりとしていて食べやすかったです
こちらは、菜肉蒸餃というらしく、10個で180元らしい・・・





エビが上に乗っているボリュームのあるシューマイ
こちらは10個で320元らしい



そして、卵チャーハン



あれ?
これは何餃子だったっけ・・・・?



こちらはスープ
サンラータンスープと聞いていたのですが
日本で食べるのとはちょっと味が違ってましたね
おいしかったですけど



あれ?
これも何餃子だったんだろう?
食べるのに忙しくて、記憶してません・・・・^^;





そして最後にデザートとして出たのがこちら
餡子入りの蒸し餃子?
小籠包の薄い皮がこしあんをたっぷり包み込んでいるものです。
口に入れた瞬間に・・・・・
熱々の餡が口の中に・・・


小龍包以外は一つずつ食べただけなんですけど
も〜〜〜お腹いっぱい!


そして、ガイドさんの勧め・・・・
なんと、トイレ!


2階のトイレには、スタッフが一人常駐
誰かが使用した後、
大丈夫かチェックしてから次の人が使ってもOK!と言われます
チェックが厳しいから とてもきれいになってますよ
男子トイレはどうなってるのかわかりませんが・・・


とにかく、お客さんが押し寄せている店内は
てんてこ舞いな忙しさ
それでも、お水が少なくなればさっと補充してくれますし
店員さんもとても礼儀正しくて好感が持てました

これ、社員教育がとても行き届いているからなんだそうですよ
サービス、態度、礼儀のテスト以外に英語や日本語、韓国語の研修も行っていて、
テストに不合格或いはお客様に失礼があった場合は、即刻クビだということですよ
厳しいですね
でも、それなりに高給なんだとか
台湾に行ったら、やっぱり一度は寄ってみる価値のあるお店ですね



そして、こちらは、お店を出たところから見えた台北101
お天気が悪くてこんな程度しか見えませんでした
今回の旅行では行くことはなかったのですが
ま・・・・
行っても何も見えなかったでしょうね

次回?
があれば楽しみにしてみたいと思います



















JUGEMテーマ:グルメ

雨の社員台湾旅行 7 烏来観光

  • 2014.06.09 Monday
  • 00:13

台湾社員旅行の二日目は
まずは烏来観光でした


烏来って?
という私たちでしたが・・・・・



烏來は、台北の東南方28.2km
台湾原住民14部族のうちのタイヤル族が多く住む部落がある海抜約500mの観光地。



ウーライとはタイヤル語で「温泉」という意味なんだとか。
300年ほど前、彼らによって温泉が発見されたそうです。
烏來観光といえば、「温泉」、「トロッコとロープウェイ」、「白糸の滝」「タイヤル族の踊りと歌」、なんだそうで
そのほとんどを楽しんできました 

まずは、白糸の滝


このネーミングは日本にもありますけど・・・
豪快な滝でした


そして、タイヤル族の紹介は・・・
烏来活力村の「国際GaGa劇場」で、ショーとして紹介されていました





タイヤル族の衣装



ショーのチケットはこんな感じ

前のほうがいいから・・・というガイドさんの勧めで
最前列の正面でショーを見ることになりました


古来の生活方式
そして温泉の発見
敵との戦い・・・
そして恋愛と結婚・・・

最後には、観客を舞台上に挙げて一緒にダンス^^



最前列正面に座っていた私たちは全員が舞台の上に引っ張り出されました^^
タイヤル族の衣装や髪飾りをつけてもらって
一緒にダンス!
結構楽しかったですよ



タイヤル族のショーを見た後は、トロッコ列車です
天気が悪ければトロッコには乗れない…らしかったのですが
雨も上がっていたので乗車可能となりました



トロッコ路線は攬勝橋の正面から始まり、滝前までの全長2.5kmとのこと。
もともと林木を運ぶ目的で作られたこのトロッコ



これ、駅でしょうか?
自由に出入りできちゃいますし・・・
レールと待合場所の高さも同じで・・・^^






私たちは滝前からの乗車です
遊園地の電車…みたいなトロッコ列車で
ゴトゴトと風を受けながら、
緑の山の中の道を駆け抜けてゆくのはなかなか面白かったです
景色も楽しめました〜



トロッコを下りたところはウーライの温泉地らしいです


若干橋が派手ですが、日本と同じような風景でした



この後、再び台北に戻り、昼食となります^^




JUGEMテーマ:旅行

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

登録サイト

beauty

おすすめ

日本データテクノロジー 評判

キャンペーン

アイテム

ブログパーツエステ
● Contact Us リクエスト お問い合わせ 広告について ブログパーツ制作 運営会社 スポンサード リンク Copyright(C)2008 無料ブログパーツ工房

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM