ラスベガスのVIP

  • 2006.12.23 Saturday
  • 23:03
ラスベガスのホテルは、客室数数千・・・・と言うホテルがいくつもあり
各ホテルでカジノを併設しています。
そして、ホテルのお客様にはさまざまなランク付けがあるのです
それは、そのホテルで如何にお金を使ってくれるか・・・・ということで決まるのだそうです。

見晴らしのよい場所にあるスイートルームなどは、ハイローラーの人でないと宿泊できませんし・・・
私たちが宿泊したリオオールスイートの部屋も、ストリップが見える眺望のよい部屋でしたが、これはお嫁さんになった女性がVIPだったからだとか・・・・・

20061224_297737.jpg











これが、記念に貰ってきた彼女のVIP CARDです。
カジノでゲームをする時に、もちろんフリーでもできるのですが、登録してカードを作れば、そこにポイントとしてカウントされていきます。
前回のラスベガス訪問では、宿泊先のアラジンのカジノでカードを記念に作ったのですが
(お土産も貰いましたが・・・笑)
今回は、カジノで遊んでいた暇がなかったので造りませんでした。

息子いわく 誰でももらえるカードの上のランクに3つあり、彼女のランクはその真ん中のダイヤモンドカードだそうです。
このカードがあると・・・・・

チェックインなどが 別カウンターで、待たずにできますし
バフェなども別の入り口
そして、バフェの席も一般席とは別で、
いい場所で、そしてそこは、テーブルクロスがあるので、すぐわかるそうです
(一般席は、普通のテーブルだけです)
ショーなども、VIPは並ばずに入れます
すべてに優遇されるのです。

そして、カードのランクによっては、ホテルの宿泊券とか、食事代とか、ショーのチケットなどが送られてくるとか・・・・
ホテルのお土産やさんでの買い物も、SPAでの美容もすべて割引とか
私たちが3日目に見に行ったトップレスショーは、その招待のショーだったとのこと。
(だから、息子たちの財布は減っていなかったってことで・・・笑)

息子たちは、結婚式の前後含めて3週間ほどラスベガスに滞在していたのですが、その宿泊はすべて招待だったとか・・・・・
系列のホテルからも宿泊のご招待が来るので、あっちこっちのホテルを泊まり歩いていたと言う優雅さ

いったい、いくらラスベガスでお金を使っていたんだ?と、親としては心配になったのですが、息子いわく、頭を使えば少ない元金でランクアップができるとか・・・
(実際、3万円ほどの元金だったそうで・・・)
還元率(?)を計算して・・・・二人の共同作業で最終的にダイヤモンドカードが取れたとのこと。
その後、ランク基準が上がってしまったので、今だったら絶対に無理だったとか。
だから、ラッキーでもあったのでしょうね。
このダイヤモンドカードのおかげで、今回のラスベガス旅行は、ずいぶん優遇されました。
カジノの研究ばかりしていたのだったら腹も立ったのでしょうけど、ちゃんと大学も卒業したし、いい夢も見させてもらったので、いいことにしましょう。

ラスベガスのカジノで味をしめて、日本でも・・・なんてことになるのかしら?とおもったら、日本のパチンコやスロットの還元率は・・・云々
私にはよくわかりませんが、日本ではやらない!とのこと
損するだけだから・・・ということでした。
安心安心・・・・・笑

ラスト数時間

  • 2006.12.19 Tuesday
  • 23:17
「O」を見終わったのが夜中の12時
よかったね〜と、前回のミスティアでもそうだったように、記念のお土産を少し買って、ホテルに戻りました。
いよいよ、ラスベガス滞在もあと数時間になってしまったのです。

フライトの関係で5時頃には空港についていたかったので、このまま寝ないつもりでした。
リオに戻って、買い忘れたお土産をあわてて買い
(ホテルのお土産SHOPは、24時間営業していました・・・)
部屋に戻ってそれぞれお風呂に。
その間に、荷物をパッキング
それでも、時間をもてあましてしまい、私たちは最後のカジノフロアの散策に

あちこちで盛り上がったりしていますし、
そうかと思えば、タバコをすいながら 静か・・・にスロットで勝負している人もいたりして、夜のカジノの人間ウォッチングも、また、面白かったです。

ちょっと油断すれば、寝てしまいそうな雰囲気でしたが、気晴らしもできて、何とか予定時刻に息子たちに送られて空港に着きました。
チェックインの時には、預け入れ荷物の中に、お土産に買ったワインが入っていたために、だめ!といわれ、結局荷物から抜いてアメリカにおいていくことになってしまったり
、やっぱりすんなりとは行かなかったのですが、息子がいたので、何とか手続きも済んで、いよいよラスベガスともお別れすることになってしまいました。
息子たちは、あと、しばらくラスベガスに滞在することになっていたので、
「じゃ、また、日本で!」と、お別れしました。















ラスベガスの日の出です。
眠らない街ラスベガスですが、太陽はちゃんと沈んで、また、昇ってきます。
今回も、まだまだ遣り残したこと、見逃した場所がたくさん!
次回・・・があることを期待して、一路サンフランシスコに飛びました。


続きを読む >>

Show [O] at BELLAGIO

  • 2006.12.18 Monday
  • 21:24
NY NYで、ジェットコースターを楽しんだあとは、お買い物タイム。
フォーラムショップに出かけ、目の保養をしてきました。

そのあと、夕飯を食べるために、本当はラーメンを食べたい・・・と言うことになったので、再びチャイナタウンに出向いたのですが、入ったお店にはラーメンなるものがなかったので、通常の中華料理を食べてきました。
混んでいたお店なので、結構、店員さんも殺気立っていて、チップは最小だけ!
味的には悪くないのですが、お店の雰囲気自体は、ん〜〜〜〜と言う感じでした。

その後、一度ホテルに戻り、買い物などの荷物を置き、いよいよ、最後の夜のショーを見に行くことになりました。
前回のラスベガス訪問の時にも見たかったのですが、あいにくすべて売り切れ!と言う超人気のショー「O」です。

今回の結婚式inラスベガス自体も、急に決まった話だったのですが、絶対に「o」は見たい!ということで、息子たちに予約をしてもらったのですが、4ヶ月前から結構いい席は売切れてしまっている・・・とのことで、それなら、できるだけ前のほうで見ようか?と言うことになり、取れた席は、端っこの席でした。
ただ、前のほうなので、結構出演者の表情などもはっきり見ることはできましたが・・・・

なにしろ、プールが舞台になっているショーです。
そのプールが、あるときは平面の舞台になり、あるときは、膝くらいの深さになり、あるときは高飛込みができるくらいの深さになり・・・・と
瞬時に深さが変わります。
とにかく、見ていて、感嘆する舞台でした。
さすがに、人気のあるショーだけあります。
できれば・・・・・・
今度は、中央の席で見たいと・・・・・・・
今度・・が、あれば、ですけど・・・・・

日本のオリンピックのシンクロの選手も出演しているとのことで、シンクロや、飛込みなど、技術的にも高度なショーでした。この内容を一日2回公演しているのも、すごいです。

まだまだ、ラスベガスのショーの中には、見てみたいものが沢山あるのですが、お金と時間がありません。

マンハッタンエクスプレス

  • 2006.12.17 Sunday
  • 22:56
ラスベガスでの旅行記もいよいよ最終日
サンクスギビングデーの翌日は、日本で言う初売り・・・のような感じで、夜中の12時から大バーゲンを実施するお店もあるとか。
アメリカ中で結構バーゲンで、多くの買い物客が繰り出すそうですが・・・・

その日は、お嫁さんの親族が3時の飛行機でサンフランシスコに出発すると言うことで、そうお会いする機会もないので、一緒に昼食をとることになりました。
バフェでの食事にも飽きてきたので、チャイナタウンに行きました。
お目当ての飲茶のお店は長蛇の列だったので諦め、上海料理のお店で食事を楽しみました。

お嫁さんのお母さん、妹さんカップルなどとお別れをしたあと、私たちは、最後の一日を楽しむべく行動開始!

まず、最初に出かけたのは、ニューヨークニューヨークというホテルです。
自由の女神があったり、マンハッタンの町並みを模倣したホテルですが、目を引くのが、摩天楼の周りをジェットコースターが走っていること!
ストリップを歩いていると、絶叫が聞こえてくるのです。

前回のラスベガス訪問の時に、娘が乗りたい!と言っていたのですが、当日、娘は体調不良で寝込んでしまったので、実現しなかったので、今回は・・・ということで。


最高地点203フィート(61.9M)、最大落差144フィート(43.9M)最大時速67MPH(107.2KM)というジェットコースターです。
これは、浅草の花やしきジェットコースターと設計者が同じとのこと。
騒音問題や、振動で、カジノの勝負に影響が出ないように、結構神経を使った設計で作られているとのこと。

カジノフロアから2階に上がり、ゲームコーナーを抜けた奥に乗り場があります。
手荷物は、ロッカーに預けろ!ということで、何も持たずに列に並びます。
一人14$くらいだったかな?(自分で払ってないので、覚えてません)
結構、いいお値段です。
でも、ファミリーパックというのがあって、4人パックだと、お値段安くなって、しかも記念写真2枚付!
我が家は5人だったのでファミリーパック+1で、乗りました。

順番の関係で、私は先頭!
本当は、先頭は嫌いなんですけど・・・・・怖いし・・・・・


乗り込んで、ゆっくり上昇
ニューヨークらしき街並みを見回しながら・・・・・・落ちました!
結構、ビルのそばをすり抜け、回転し・・・・・
なかなか面白かったです。
最後は、カジノフロアを通って終了
さすが、ラスベガスのジェットコースターです。


出来上がった記念写真は・・・
私、笑ってました・・・と言うか、引きつってたのかなぁ?
ダンナ、カメラ目線で万歳してました!(すごい・・・・)

日本の遊園地でも写真は売られていますけど、1000円くらい取られます。
それを考えると、写真2枚付のファミリーパックは、お得でした。


ラスベガスのカジノ

  • 2006.12.13 Wednesday
  • 23:33
ラスベガスといえば、カジノです。
大体どこのカジノも24時間開いています。
ホテルの1階はほとんどがカジノ
客室に行くのにも、どこに行くにもカジノを通らないといけないようになっている感じです。
カジノには、おなじみのスロットマシンからポーカーや、ルーレット、キノ、トラップスなど、いろいろな種類があるのですが・・・・

前回のラスベガス旅行の時には、息子の指導の下、数回、ルーレットで遊び、若干の勝利を収めて帰ってきたのですが、今回は、ただ見てるだけ・・・・・で終わってしまいました。

今回のラスベガス滞在では、昼間にカジノにいることがまったくなく、
カジノフロアにいるのはたいてい真夜中
ミニマムベット(最低掛け金)が夜間は高くなるので、「もったいない」感覚が強くって・・・・・笑
しかも、夜間は、皆かけ方が結構大胆で、とてもとても素人が手を出せる状態ではない雰囲気でした。

でも、いろいろなホテルのカジノフロアを見物したり、カクテルウエイトレスの、セクシーな姿を見ているだけでも結構楽しいものでした。














カジノでは、プライバシー保護のため、原則撮影禁止です。
パリスホテルとバリーズホテルの境にある場所で、巨大なスロットマシンがあり、ここは写真撮影が許されているらしいので、私も、記念に・・・・
1$札を入れているところです。
このあと、結構重いバーを下ろしたのですが・・・残念ながらジャックポットは無理でした〜
結局、2回目ラスベガスでの勝敗はマイナス1$ってことになりました。

ベラージオの噴水ショー

  • 2006.12.12 Tuesday
  • 01:39
ラスベガスでは、毎晩あちこちでショーが開かれています。
しかも、同日2回上演・・・なんてものも沢山
そして、皆、結構なお客さんを集めているんです・・・・・
これだけの人を集められる街って、やっぱりすごいと思うのですが
有料のショーだけではなく、無料のショーもなかなかすごいものがあります。

中でも、一番好きなのが ベラージオの前の池(?)での、噴水ショーです。














毎日午後3時ごろから12時まで
15〜30分間隔で噴水が、音楽に乗ってさまざまな模様を描いて吹き上がります。
毎回、音楽も、噴水のパターンも違うので、何回見ても飽きません。

見る方向によっても表情が違うので、あっちから見たりこっちから見たり・・・
パリスホテルのエッフェル塔の上から見た風景もなかなかよかったし・・・

毎回、噴水が始まる頃になると、人だかりができるベラージオ
噴水が見える部屋は、高いそうですよ〜
そして、その周りのホテルの、噴水の見える部屋も高いそうです・・・
ベラージオの噴水ショーを見てしまうと、日本の公園などの噴水が、とってもささやかに見えてしまうのですが、お金のかけ方も違うので、仕方ありませんね・・・


第3夜のショーは・・・

  • 2006.12.09 Saturday
  • 08:24
ラスベガス滞在3日目
レッドロックキャニオンに行き、パリスで夕食を食べたあと・・・

息子夫婦から私たち夫婦にプレゼントがありました。
今夜は、二人でデートしなさいと。
プレゼントされたのは、ショーのチケットでした。
予想外のことだったのですが、せっかくなので、お言葉に甘え・・・・

娘は息子たちと一緒に行動することになり、私たちはチケットを貰いその後別行動に。
ショーまでの間、少し時間があったので、
アラジンのなかのデザートパッセージ(ショッピングセンター)に行ったり、
ベラージオの噴水ショーを見たり、
ベラージオの中の高級ブランド店をぶらついたりして時間を使いながら、ショーの会場まで行きました。







ベラージオのホテルのショッピング街にあったクリスマスツリー(?)です。











息子夫婦がプレゼントしてくれたのは、BALLYSで開催されているJubilee!でした。

入場待ちの人が沢山並んでいても、このカードを見せればすぐに入れるよ!と言うカードをお嫁さんに貰い、チケットを見せたら、本当にすんなりと・・・・


でも、カメラ持ってる?と聞かれ、バッグに入ってる・・・と答えたら、あっちに行ってからね・・・と

このショーでは、カメラの持ち込み禁止だそうで、受付で没収です。
そう、このショーは「トップレスショー」なんです。

そんなショーを見たことがなかったので、入るときにカメラまで取られるトップレスショーなんて、いったいどんなショーなんだろう・・・と思っていたのですが・・・・

たしかに、トップレスが沢山!
でも、全然いやらしくもなく、衣装の一部・・・みたいな感じでした。
物凄く華やかで、ラスベガスらしいショーでした。
レビューの合間のピエロや、アクロバットみたいなショーも楽しく、第3夜のショーも十分楽しめました。
プレゼントされた席も、真ん中の一番いい席でした。
ラスベガスでも歴史の長いショーとのことでした。

ショーが終わったのが12時過ぎ
息子たちを呼んでもいいし、タクシーで帰ってもよかったのですが、ラスベガスの街を見ながらバスを待ち、ホテルに戻りましたが、深夜のバス・・・も、満員で、しかも賑やか!
さすが、眠らない街 ラスベガスです。





Le Village Buffet

  • 2006.12.07 Thursday
  • 00:51
ちょっと早めの夕食に・・・と 息子たちと出かけたの は、パリスホテルの中にある Le Village Buffetと言うバフェです。
ここは、パリの町並みを模した雰囲気で、ほかのバフェが和洋中と揃っているのに比べ、フランス料理オンリーです。
前回の訪ベガス時にも、入ろうか・・?としたのですが、長い列で人が待っているので、ほかのバフェに行った事を覚えていたのですが、やはり、ここも長蛇の列!
でも、今年は、一般の人たちとは別のゲートからすんなりと・・・・

このフランス料理オンリーのバフェは、ラスベガスの中でも比較的人気があり、各コーナーが、ノルマンディとか、フランスの地方地方に分かれて、特色ある料理を出しています。
そして、スイーツも充実しているとか・・

私たちは、ここでもやはり、ちょっと別室・・・みたいな、ちょっと静かな場所で食事をしていたのですが、そこの担当のウエイトレス(?)の女性が
「あら?あなたたち 日本人?」と声をかけてきました。
その方も日本人だったらしく、きっと、そこの場所で日本人を相手することが珍しかったのか、そのあとやたらお世話を焼いてくださり、

蟹食べた?この蟹ナイフの使い方はね・・・こうするのよ!
クレープ おいしいわよ! あ、アイスもね!

そして、コックさんの制服を着た男性が、なにやらチョコを配っていたのですが、その女性がわざわざコックさんを連れてきて、くれるって言うものは貰っておきなさいね!と、全員にチョコを・・・笑













さらには、
ここのプリンは絶品よ!え?まだ食べてないの?
と、配りだし・・・・


確かに、おいしかったです。
でも、甘い・・・・
甘すぎて ピントさえも甘くなってしまいました・・・
(ボケ写真のいいわけですが・・・)



感謝祭につきもののターキーから、スイ〜ツまで、フランスの味、たっぷり堪能してきました。
絶対、太って帰ることになるだろうな・・・・と思いつつ、お菓子は別腹・・・と
「配給プリン」以外にも、お皿にとって来てしまうのでした・・・





















パリスホテルにあるエッフェル塔です。
ここは、展望台に登ることもでき、そこから見るベラージオの噴水もまた絶景です。
















凱旋門もあります。
ラスベガスのホテルは、いろいろな国をテーマにしているホテルも多く、東武ワールドスクエアが、実物に近くなってラスベガスに移ってきた感じも・・・・
(桁が違いすぎますが・・・・・)


感謝祭のお昼時

  • 2006.12.06 Wednesday
  • 00:45
レッドロックキャニオンの景色を楽しんだあとは、それぞれ自由行動ということになりました。
私たちは、レッドロックキャニオンの近くにあるホテルに立ち寄ってお昼を食べようと言うことになりました。
















ここは、最近できたホテルらしく、まだとっても綺麗です。














なんとなく、ラスベガスっぽくない風景なのですが、角度を変えると、彼方に先ほどまでいたレッドロックキャニオンも見え、砂漠の中のオアシス・・・と言う雰囲気たっぷりです。














ホテルの中に入り、バフェを探し出してびっくり!
長蛇の列です。
感謝祭の祭日ということで、一般的なお店もお休みの場所が多いとのことで、観光客だけではなく、一般の人までもが、感謝祭メニューのあるバフェに繰り出しているそうです。
このまま待っていても・・・・と、今回は諦め、軽くお菓子をつまむ程度で、早めの夕食にすることにしました。

ベラージオのバフェに並んだと言う息子の友人たち4人も、食べるのに2時間半かかる・・・ということで、諦めたそうです・・・・

Redrock Canyon

  • 2006.12.05 Tuesday
  • 20:52
ブライダルイベントの翌日は、サンクスギビングデー
そのせいもあって、昨夜からのホテルや、ラスベガスはどこも人で一杯でした。
今日は、感謝祭ということで、結婚式参列者は自由行動
それぞれに過ごす・・・ことになっていました。

前回もいけなかったグランドキャニオン
今度こそは・・・とも思っていたのですが、何しろ、今回の旅行の目的は結婚式で、それに日程をとられていたので、ここでグランドキャニオンに行くと、辛い・・・・ことになると言うことで、
そして、せっかくいくのなら、夕日と日の出を見たい・・・と主張する家族がいましたので、グランドキャニオン見物は次回・・・と言うことになりました。
次回があるの?っと、心の中でこっそり突っ込む私でしたが・・・・

そこで、カジノやネオンばかりのラスベガスではなく、たまには自然も味わってみたら?と言う息子たちのお勧めで、レッドロックキャニオンというところに行くことにしました。
その予定を聞きつけたほかの参列者も、行く!と言うことになり、結局全員が、車3台に分乗して出かけることになりました。

レッドロックキャニオンは、ラスベガスの中心部から車で30〜40分
手軽に来れる場所ですが、景色はガラッと・・・!















ここは、一方通行の道路があり、そこを走りながら景色を楽しむようになっています。
ところどころに、車を止めるスペースがあるのですが、今日は感謝祭の祭日
いつになく車が沢山いて、路上駐車する羽目に・・・・















車一台5ドルの入場料がかかるのですが、なぜか、料金所も祭日のお休みだったのか(?)無人だったので、フリーパスでした。














日本じゃ見れない景色を楽しみました。
ちょっと寒かったけど・・・・

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

登録サイト

beauty

おすすめ

日本データテクノロジー 評判

キャンペーン

アイテム

ブログパーツエステ
● Contact Us リクエスト お問い合わせ 広告について ブログパーツ制作 運営会社 スポンサード リンク Copyright(C)2008 無料ブログパーツ工房

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM